2011/02/14 (月)〜

森里陶楽 京焼 京三島 〜遊雅なうつわ展〜

2月14日(月)〜2月22日(火)
■休廊日2月20日(日)
13:00〜19:00
 土曜・最終日13:00〜17:00

京三島は千利休の時代に渡来した、朝鮮の宮廷で愛用された焼物が由来です。京焼.清水焼の歴史の中で埋もれていた作風を「陶楽の京三島」としてより「繊細で優雅に」発展させました。
三代目陶楽は、繊細な「技」と「美」に加え、遊び心があり、和洋いろいろなシーンにあう今までにない「物語のあるうつわ」を創っております。おもてなしや、自分の贅沢な時間のために、
おとなの暮らしを豊かに彩る「遊雅(ゆうが)なうつわ」の世界をお楽しみください。今年は、絵高麗三島(えごらいみしま)という作品を新たに作りました。繊細な手仕事を、実際お手にとって、ご覧くださいませ。(森里、談)


森里陶楽(森里秀夫)
京都生まれ。京都市在住。京都市立日吉ヶ丘高校美術コース日本画科卒を経て京都府陶工専修訓練校卒業。手塚玉堂氏に師事のあと、二代目陶楽に師事、作陶活動に入る。平成8年に三代目「陶楽」を襲名。京焼・清水焼展の通産大臣賞をはじめ、全国伝統的工芸品公募展の日本商工会議所会頭賞など受賞。全国の百貨店等で個展開催。

・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・