2017/02/20 (月)〜

伊藤正道の幻の絵本 復刊記念展

2月20日(月)〜 2月28日(火)
■休廊日2月26日(日)
12:00〜19:00
 土曜・最終日12:00〜17:00

地球というかけがえのない美しい星に住む私たちに、おじいちゃんが本当に大切なものは何かを優しく語りかけてくれます。
2012年に早世したイラストレーター・絵本作家の伊藤正道が初めて手掛けた絵本『おじいちゃんと ぼく』。長い間眠っていた幻の作品が、30年の年月を経て美しい絵本になって蘇りました。文章は、詩人の金子みすずの全作品を発掘された、児童文学作家の矢崎節夫氏。発刊当初は幼稚園児向けの絵本でしたが、30年を経た今の時代においても普遍的なテーマであり、大人にとっても魅力的な絵本として改めて見直され、原画から装丁も新たに復刊されました。
今回、『おじいちゃんと ぼく』の原画全点を展示いたします。また、伊藤正道のその他の絵本や、プリント、ポストカード、オリジナル・グッズなどもご用意いたしますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

伊藤正道
イラストレーター、絵本作家。1956年、横浜市生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。大阪ガス、きらら397、USJ、JTBなどのキャラクターデザインの他、様々な広告や数々の絵本など、幅広い分野で活躍。2002年より鎌倉・稲村ケ崎にアトリエとギャラリーgiogio factory(ジオジオ・ファクトリー)を構え、海を見ながら創作に励んだ。2012年、55歳で永眠。

・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・